葉酸サプリの過剰摂取の原因と、それによって起こる症状とは?

葉酸サプリの過剰摂取に注意!

妊娠中のママには欠かせない栄養素である葉酸。しかしこれも、摂りすぎると良くないことが起こります。葉酸の1日の上限摂取量は1000μgとされていますので、これを超えないように気をつけなければいけません。過剰摂取によってどんなことが起こるかというと、発熱、蕁麻疹、吐き気です。また過剰摂取は生まれてくる子供が喘息にかかるリスクを高めると言われています。葉酸サプリを飲み始めてから体調が悪くなった、発熱や蕁麻疹といった症状が現れたというときには、直ちに服用を止めるとともに、医師へ相談するようにしてください。

そんなに飲んでいないのに……

もしかすると、一日に摂取した葉酸の量が、1000μgには遥かに届かないはずなのに、体調不良に陥ったという方もいるかもしれません。その場合は、まず自分が飲んでいるサプリメントの量を見てください。間違われる方はほとんどいないと思いますが、上限は1000「マイクログラム」です。100μg=0.1mgですので、今飲んでいる量を確認してみてください。飲む量が間違いなければ、次に自分の食事と、そのサプリメントがどういった内容であるかを見ます。葉酸サプリに含まれる葉酸は、天然由来のものと化学合成物とに分けられます。後者は、前者よりも体内での利用率が高いため、その分と、食事から摂取する分とで、一日の上限量を上回ってしまっている可能性があります。

葉酸は野菜だけでなく、その他の様々な食物に含まれていますから、注意しなければなりません。たとえば卵黄やピーナッツバター、ポテトチップスなどにも、葉酸は多量に含まれているのです。食生活の改善を図るとともに、葉酸サプリを飲む量を考えてみると良いでしょう。

200μgが無難?

そういった問題が発生しうることから、葉酸サプリは一粒200μgくらいのものを購入したほうが良いかもしれません。なぜなら、葉酸の摂取量が上限を上回ってしまっていたとき、飲むサプリの量を一粒に減らすなどの対処が可能であるからです。そうでなくとも、朝と晩に一粒ずつといった飲み方が体への吸収率は良いので、サプリメントを購入する際は、一粒に葉酸が200μg含まれたものにするのが良いでしょう。

自分だけで解決を図ろうとすると、思わぬ失敗をすることもあるかもしれません。ですから、何よりも大切なことは、体調がよろしくないと思ったら、すぐにお医者さんにかかることですね。発熱や蕁麻疹といった症状でも、内科や皮膚科にかかるのではなく、葉酸サプリを飲み始めてからそれらの体調不良が起こったのであれば、産婦人科に行ったほうがよいでしょう。

みなさんも注意しつつ、サプリを飲んでくださいね。